1. ホーム
  2. 形で違う墓石の意味

形で違う墓石の意味

お墓は、ご先祖様に対する感謝の気持ちを行動に示すことが出来る場所でもあります。目には見えなくてもお墓参りをすることで故人との思い出を蘇らせ、近況の報告などを行うことが出来ます。そもそも墓石にはどのような意味があるのかご存知ですか?

墓石の意味

墓石の中でも「和型」と言われる墓石は日本人にとって最もポピュラーで多くの方が選んでいる墓石の形です。四角柱になっており、上から竿石、上台、中台、芝台の順に積まれています。和型墓石は江戸時代から始まり、現在では最も多く建立されている墓石です。

特に、寺院墓地などで見かけることが多い形で、三段墓石には道教の考えが込められていると言われています。それは、七福神の福禄寿の思いが込められているとされていて、竿石は「天」を意味し長寿の願いが込められ、上台は「人」を意味していて財産や金運の願い、中台は「地」という意味で子宝への願いが込められているとされています。なお、名古屋では4段になっているものを通常名古屋型と言われ、この形で建てられる方がほとんどです。

お墓が大切な理由

古くから伝えられている言葉に、「人間は亡くなると魂は天に還り、骨は大地に還る」というような言葉があります。これは青森県の三内丸山遺跡に代表される、死者を多くの人に弔うことで、亡くなったご先祖様が神様になり私たちを見守ってもらう事と、飛鳥時代に入ってきた中国文化が影響していると考えられています。つまり、お墓には肉体的な魂(骨)があり、お仏壇の位牌には気持ちや心、精神の魂があるという意味なのです。

そのため、お墓はとても重要な意味を成しています。ご先祖様が帰ってくるお盆には、お墓参りをして灯明を家に持ち帰り、盆棚にある位牌前の灯明と一つにし、ご先祖様が無事に帰ってこられるようにします。通常のお墓参りやお盆の際は、墓石に手を合わせることでご先祖様へ感謝の気持ちを伝えることを子や孫へ伝えることが大切です。

墓石は見えない魂へ感謝する大切な場所です。将来のために、これから墓石施工の準備をしようとお考えの方はいらっしゃいますか。愛知県の豊田市で墓石施工をご検討中の方は小野田石材店にご相談ください。小野田石材店で墓石施工をすると、耐震対策ができ、自然災害から大切なお墓を守ることが出来ます。豊田市、岡崎市瀬戸市みよし市日進市で墓石施工をお考えの方はお気軽にご相談ください。

墓石販売・修理、墓所、各種サポートに関するご相談・お問い合わせ 0565-32-2427
  • お墓安心サービス
  • おはかみらい
  • 新規墓地販売

有限会社 小野田石材

〒471-0038
愛知県豊田市宮上町4-76
TEL0565-32-2427
FAX0565-32-2519
[定休日] 年中無休
[営業時間] 7:00~17:00
[営業種目]
墓石の販売・設計・施工・管理
そば・餅つきなどの臼制作、販売
庭園などにある灯篭制作、販売
インテリア・エクステリアを
彩る石材販売
[豊田石材工業協同組合員]
[古瀬間基地公園指定業者]

地図を見る googlemapで見る
PAGE TOP